注目キーワード
  1. 英語
人と夕焼けとタイトル

【3分解説】誰でも使える”How are you?”への簡単な返し方。+αで会話を広げよう!

 

英語を勉強する人
海外の友達と英語で話す時、最初に“How are you?”と言われた時の返答が、学校の教科書にあった“I’m fine thank you, and you?”と毎回条件反射のように同じ返しになっちゃうんだけど、もっと気の利いた返し方ないのかな?もう少し表現にバリエーションを持たせたいなぁ。
英語を勉強する人
仕事で海外の人を関わる機会が増えて来たんだけど、最初に“How are you?”と言われた時にいつも“I’m fine.”“Good, thank you.”だけで終わってしまうんだけど、そこからもっと会話を広げたいなぁ。

今回はそういった疑問、悩みにお答えしていきます。

 本記事の内容
・”How are you?”にまず一言返す時の表現を紹介
・会話を広げるために使える、次に続ける表現を紹介
・まとめ
このような順番で説明していきます。

この記事を書いている僕は、学生時代に海外経験ゼロでTOEIC970点、SST試験(概要はコチラ)というスピーキングテストで最高点のレベル9を取り、現在は海外駐在も経て、商社で毎日英語を使って仕事をしています。細かい経歴などはコチラに記載してあります。

僕は仕事でもプライベートでも海外に行く機会はとても多いのですが、このような挨拶は基本中の基本です。
この記事では、実際によく自分が使うフレーズやよく耳にするフレーズをシェアして行きたいと思います。

なお、今回は、場面として「友人や会社の同僚など、比較的近しい関係にある人から”How are you?”と挨拶をされた時」という前提で使えるフレーズをシェアしていきます。

一方で、レストラン、カフェなどの店員さんなどのあまり関係が近しくない人から“How are you?”と挨拶された時に使えるフレーズは下の記事で解説しておりますのでそちらもご参照下さい!

まずは一言!”How are you?”へのカンタンな返し方

GoodとBadの紙

まずは一言で相手に返答しましょう。

ここでは相手は友人や会社の同僚と関係が近しい人なので、ネガティブな内容も含めて正直に答えます。

 “How are you?”への返答

まずは基本の“How are you?”への返答です。“How’s it going?”“How are you doing?”に対してももちろん使えます。
更に、“How’ve you been? (How have you been?)” 「(今まで)どうしてた?」のような挨拶への返答にも“(I’ve been) 〜”のようにして使えます。

 好調、絶好調の時

  • “Good.”, “Great.”, “All right.” 「好調!」
  • “Excellent!” 「最高!」 “Awesome!”「絶好調!」, “Perfect!” 「完璧!」
  • “Better than ever!” 「未だかつてないくらい最高!」,
    “Couldn’t be better!” / “Never been better!” 「これ以上ないくらい最高!」

 イマイチな調子の時

  • “Okay.” 「大丈夫」, “Not too bad.” 「悪くはない」
  • “Not so/very good.” 「そんなに良くないな」
  • “Could be better.” 「もっと良くなれるかな」
  • “Very/So bad.” 「ダメダメだ」
  • Awful.”, “Terrible.”, “Dying.”  「ヒドいよ」

その他、率直にその時の状態を言うのもアリです。
例えば、“Happy” 「幸せ」, “Hungry” 「お腹減った」, “Sleepy” 「眠い」, “Tired” 「疲れた」, “Busy” 「忙しい」, “Hectic” 「超忙しい」などです。

もちろん、“How are you?“と最後に聞き返すのも良いでしょう。
その際は、「あなたは」どうなの?とあなたはを強調するように“How are YOU?”youを強調して読みます。

 “What’s up?”への返答

“How are you?”と同じ簡単な挨拶ですが、こちらはどちらかと言うと、「何かあった?」といったような意味合いがあるので、近況で何かあったかどうかを聞いているニュアンスが強まります。ここでは、それに対する返答を挙げていきます。

“What’s up?”の他には、久しぶりに会った仲の良い友人からの挨拶で良くある、“What have you been up to?“「何してたの?」などの挨拶にも使えます!

ただこれらのWhatから始まる挨拶は、カジュアルよりなので、ビジネスの場面では基本的に使われません。

 返答で使える表現

  • “Not much!” “Not a lot!” “Not too much!” 「特になにもないよ」
  • “Nothing (so/very) special.” 「特にこれと言って特別なことはないかな」
  • “What’s up?” (言い返すだけでもアリです。)
  • “Hey!” (仲の良い友達なら、「よっ!」の感覚でこのように返してもOKです)
  • “A lot of things!” 「色々あるよ!」
    (これは基本的に久しぶりに会った友人からの、“What have you been up to?“への返答です。)

追加の一文で会話を広げよう!”How are you?”への返し方

2人の会話する女性

ここが会話を広げるための大事なポイントになります。自分や相手の近況を手短に表現することになるので、内容は無限のパターンがありますが、以下ではそのうちのいくつかの例を挙げます。

自分、相手の状況に応じ、挨拶の次に一言加えることで、その後の話が広がります。
単なる挨拶だけで終わらずに、是非積極的に使ってみて下さい!

  • “I’m just a little tired. I’ve been working a lot lately.”
    「ちょっと疲れてるんだよね。最近かなり働いてて。。」
  • “I’m so happy. I start my vacation tomorrow!”
    「超幸せ。明日から休暇なんだよね!」
  • “I changed my job and now I’m working for an IT company.”
    「転職して今はIT企業に勤めてるんだよね。」
  • “I joined a tennis school and started to play tennis as a new hobby!”
    「テニススクールに入って新たな趣味としてテニス始めたんだ!」
  • “I heard (that) you got married! Congratulations!”
    「結婚したって聞いたよ!おめでとう!」
  • “You don’t look so good. What happened?”
    「顔色あんま良くないけど、何かあった?」
  • “I heard (that) you moved. Where are you living now?”
    「引っ越したって聞いたよ。どこに住んでるの?」

まとめ

肩を組む友達の後ろ姿

いかがだったでしょうか。今回は、身近な人との挨拶の際の返答と、その後に会話を広げる表現を学びました。
是非自分や相手の状況に合わせて文章を考え、実際に使えるようにしてみて下さい!

レストランやカフェの店員さんなど、あまり近しい関係でない人との挨拶の仕方は、下の記事でまとめていますのでこちらも合わせてご覧下さい。

合わせて読みたい

  英語を勉強する人 英会話の練習をしているんだけど、最初に"How are you?"と聞かれた時の返答が、学校の教科書にあった"I'm fine thank you, and you?"と毎回条件反射のように同[…]

注文とタイトル

また、How are you?以外に使える挨拶を以下で紹介しています。こちらもご覧下さい!

合わせて読みたい

  英語を勉強する人 英語で挨拶をする時、毎回"How are you?"しか言えないんだけど、もう少しバリエーションを増やしたいなぁ。ネイティブは色んな挨拶を使うけど、それぞれどんなニュアンスの違いや使い分けがあ[…]

色えんぴつとタイトル

以上です。最後までお読み頂きありがとうございました!