注目キーワード
  1. 英語
女性陣とタイトル

【初心者向け】Nice to meet you.以外に使える表現【プライベート編】

英語を勉強する人
今度外国の人と英語で話す機会があるんだけど、最初に何て言えば良いんだろう?
いつもNice to meet you.は言えるんだけど、いつも同じでそれ以降うまく続かないんだよな。

今回はそういった疑問、悩みにお答えしていきます。

 本記事の内容
・Nice to meet you以外に使える表現の解説
・Nice to meet youの変化系の表現の解説
・まとめ
このような順番で説明していきます。
ここでは主にプライベートの場面で使える表現をいくつかお見せします。2分で読めます。

この記事を書いている僕は、学生時代に海外経験ゼロでTOEIC970点、SST試験(概要はコチラ)というスピーキングテストで最高点のレベル9を取り、現在は海外駐在も経て、商社で毎日英語を使って仕事をしています。細かい経歴などはコチラに記載してあります。

どの表現も難しい単語や表現はほとんどないので、初心者の方でもすぐに覚えることができると思います。是非下で出てくるいくつかの表現を音読し、自分のものにして、いざという時に備えて下さい!

私も外国の方と英語でやりとりをする場面が非常に多いのですが、どの表現も使っていますし、よく耳にする表現です。

Nice to meet you.以外に使える表現

花とあいさつ

早速はじめましての挨拶で、”Nice to meet you.”以外に使える表現を見ていきます。

Nice to meet you.以外に使える表現

基本的には、

“Hi 相手の名前, nice to meet you. (It’s/This is) 自分の名前.”で全く問題ないのですが、Nice to meet you.以外では、

“It’s a/my pleasure to meet you!”「あなたに会えて嬉しいです!」
“It’s a great pleasure to see you, Ben!”「ベン、君に会えてとても嬉しいよ!」

などが使えます。「遂にあなたに出会えて興奮している」と言ったニュアンスを伝えたい場合は、

“I’m so excited to finally meet you!”

と言った表現もあります。※a/myとなっているのはaまたはmyどちらでもOKという意味です。

その後続ける表現としては以下のようなものがあります。

“I’ve heard a lot about you.”

「あなたのことはいろいろと聞いています。」という意味で、I’veはI haveの省略形になります。
これは、友人の紹介など、共有の友人がいて、以前よりその人の話を聞いていたと言った場面でよく使える表現です。
また、文末に相手の名前を付け加えることで、より親近感が出て距離を縮めやすくなります。

例えば、相手の名前がBenだったら、

”Hi, it’s a great pleasure to meet you. I’ve heard a lot about you, Ben.”

といった感じです。

about youの後に、「from 人」を加えることで、「誰々からあなたのことはいろいろと聞いています」という表現になります。

“I’ve heard a lot about you from Lisa.”「Rachelからあなたのことはいろいろ聞いています。」

という感じです。簡単ですね。

また、”a lot”は、”so much”と置き換えても問題ありません。ただ、soはどちらかというと女性に好まれて使われることが多いです。

少し言い方を変えて、以下のような文章でも同じ内容を伝えることができます。

“Rachel has told me a lot about you, Ben.”「レイチェルがあなたのこといろいろ教えてくれたよ、ベン。」
“Rachel always talks about you.”「レイチェルはいつもあなたのこと話しているよ。」

これらは少しカジュアルよりな表現になります。例えばこの後に、

“I know you’re very good at Japanese!”「日本語得意みたいだね!」

などと付け加えるとより距離が縮まりやすくなります。

“Nice to meet you.”の変化系の表現

2人の女性と窓

最後に、”Nice to meet you.”を僅かに変化させて使える表現を紹介します。

“Nice to see you again.”  “It’s nice to see you again.”

こちらは2, 3回目に会った時に使える表現です。基本的には文末にagainをつけるのみです。

もちろん、niceをgood, greatに変えて言うこともできます。

初対面ではないので、meetを使うと少し堅めの表現になるので、meetはあまり使われません。seeを使うのが自然です。

“It was nice to see you!”  “It was nice seeing you again!”

こちらは別れ際に使える表現です。

wasという過去形を使うことで、「(また)会えて良かったよ!」ということを伝えることができます。
別れ際は2番目のseeingを使うことも多いですね。

ここでももちろん、niceはgoodやgreatに変更することができます。

まとめ

今回は主にプライベートの場面で、単なるNice to meet you.”以外にも使える表現を学びました。どれも難しい単語や文法はありませんので、しっかりと身につけて、表現に幅を持たせましょう!上でピックアップした例文を下に書いておくので、何度も音読して自分のものにしましょう!人の名前のところは自由にかえてみてください。

“It’s a pleasure to meet you.” “It’s my great pleasure to see you, Ben.”
“I’m so excited to finally meet you!”
“I’ve heard a lot about you.”
“Rachel has told me a lot about you.”
“Rachel always talks about you.”
“Nice to see you again.” “It’s great to see you again.”
“It was nice to see you.” “It was great seeing you again.”

以下の記事では今度はビジネス編で使える表現を解説していますので、こちらも合わせてお読み下さい!

合わせて読みたい

英語を勉強する人 今度仕事で外国の人と商談があるんだけど、何かうまい会話の始め方はあるかな? いつもNice to meet you.はしっかり言えるんだけど、もう少し表現を増やしてなめられないようにしたいな。 今回は[…]

ビジネス街とタイトル

それでは今回はここまでにします。最後までお読み頂きありがとうございました!